読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

JD RAZORのキックボードを買ってソッコウでばらす②(ベアリングのチューニング)

前回頑張って外したベアリングf:id:tori_pun:20160922180434j:plain

 

ベアリングを開けていく。

ここで守らなければならないルール

①ダストシールを傷つけるのは片側だけ

②内部のボールに傷をつけない

③ビビらず思い切ってやる(壊しても平気)

 

 

早速分解開始

f:id:tori_pun:20160922181110j:plain

マイナスドライバーをダストシールの内側から突っ込んでこじる

 

f:id:tori_pun:20160922180539j:plain

今日も猫に監視されてる。

 

コツは、変形しても怯まないこと。

f:id:tori_pun:20160922181226j:plain

はずれた図

ダストシールは変形したが、まぁ良し。

この状態でベアリング内に好きな高性能グリースを入れましょう

私が使っているのはこれ

円陣家至高というメーカーのリキッドグリースLGというもの。真っ赤

f:id:tori_pun:20160922182121j:plain

ベタベタの手で触ってるから真っ黒である

 円陣家至高 添加剤 GRESIN LG(グリシンエルジー) 高性能液体グリス

 

これを好きなだけ入れる。

入れたらしばらく回して馴染ませてさっき外したダストシールをつけましょう。

 

f:id:tori_pun:20160922182253j:plain

一応完成です。シールが凹んでるが気にしなくてOK

注意点は

凹んだシールがどこにも接触していないこと

だけ

4個全てに同じ加工を。

シール壊しちゃったら無理に装着しなくても良いです。

f:id:tori_pun:20160922182454j:plain

ホイールに組むときの注意点として

壊した面をホイールの内側にして組む

これですべて解決。

あとはベアリングをすべて車輪に戻して、元通り組み立てて完成。(カラー忘れないでね)

 

次回性能比較をしてみる。